遅い、繋がりにくい、切れる。 原因はひとつではない!?

オンライン会議が一般的になった環境では、「遅い」「繋がりにくい」のトラブルが多くよせられています。
ただし、原因はPCスペックやネットワークの問題だけではなく、インストールされているソフトやファイヤーウォールなどのセキュリティシステムなどさまざまな可能性が考えられます。

ログインに時間がかかりすぎる、原因はネットワークでもアプリケーションでもなかった

日経クロステック

具体的にどういったお悩みがあるのでしょうか?

1.PCの動作が遅くなった

ソフトウェアのインストールやアップデート、端末の不具合などが考えられますが、最近ではネットワークで接続されたソフトウェアやOSのトラフィックの問題で起こっている場合もあります。

2.クラウドのファイルがなかなか開かない

多くの場合はネットワークに原因がありますが、高画質な映像や画像をひらく場合のPCスペックに依存しますので、PCスペックやソフトウェアが原因であることも。

3.WEB会議の音声が途切れる、画像が固まる

こちらも原因はさまざまな理由が考えられますが、仮にネットワークに問題があるとすると、オフィス内のWi-Fi機器への通信量の過多や、そもそもの契約回線やサーバーへのトラフィック量が考えられます。

こういった悩みを抱えられている企業さまの多くは、原因が突き止められないまま、機器やサービスの変更をされてきたことがあります。
ルートシステムでは、こういったオフィス内のさまざまなトラブルの原因を「IT環境診断」というかたちで無料で細かくお調べします。

ルートシステムでは、30年間で培った豊富な知識でPCトラブルやネットワーク問題だけではなく、ソフトや機器導入のアドバイス、オフィスの環境構築をお手伝いいたします。ご相談ください。